KKポーカーは稼げるのか?AOFは勝てない?稼ぎ方のコツや注意点・練習方法などまとめ

KKポーカーは稼げるオンラインポーカーなのか?多くのポーカーファンはもちろん、これから初めてポーカーを始めてみようという方も気になることかもしれません。

現在では日本国内から遊べるオンラインポーカーは複数ありますが、その中でもアジアを中心に世界規模で支持を集めているのがKKポーカーです。日本人プレイヤーからも人気が高く、KKポーカーを主戦場にしているプレイヤーも多くいます。

KKポーカーを主戦場にしているプレイヤーが多いのは、スマホやタブレットさえあればどこでもいつでも世界中のプレイヤーとポーカーをプレイできるというのも理由のひとつ。

そんなKKポーカーは稼げるのでしょうか?そして新しくラインナップされたAOF(オールイン オア フォールド)は勝てるのか?今回はKKポーカーの稼ぎ方やコツ、注意点、稼ぐための練習方法などについてまとめてみました。

「KKポーカー」で稼げるかについて、よくある質問もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

【ズバリ結論】KKポーカーは稼げる!ただしAOFには要注意

最初に結論から書かせていただきますが、ズバリKKポーカーは稼げるオンラインポーカーです。実際にKKポーカーで稼いでいるユーザーは多いだけでなく、日本最高峰のプレイヤー陣もプロとして所属しています。

ポーカーに限らずスポーツでもボードゲームでも、プロが存在するのは稼げる証拠です。パチンコやパチスロのように運要素が高いギャンブルとは異なり、ポーカーは実力勝負のギャンブルのため、少々強い言い方ですが、稼げないと考えることの方がおかしいでしょう。

ただしKKポーカーに新しくラインナップされたAOFは要注意です。通常のテキサスホールデムポーカーやオマハポーカーなどとは異なり、AOFはプリフロップでの二者択一となるため、多少ギャンブル要素の強いゲーム性を持ちます。

AOFの短時間勝負でサックサクと稼ぐのも良いですが、おすすめはやはりKKポーカーのテキサスホールデムポーカーです。KKポーカーでガッツリ稼いじゃいましょう!

KKポーカーとは?どんなオンラインポーカーなの?

KKポーカーとは、2019年4月10日にマン島を拠点とする運営会社「AceKing IOM Limited」によって設立されたオンラインポーカーアプリです。

テキサスホールデムポーカーやオマハポーカーなど、本格的な対プレイヤー同士のポーカーが可能で、日本国内にいながら実際のお金を賭けて遊べます。もちろん日本の賭博法には引っかからないため、国内で遊んでも違法性はありません。

オンラインカジノで定番のライブカジノやスロットなどでは遊べませんが、KKポーカーではキャッシュゲーム以外にもたくさんのトーナメントを開催しています。ボーナスプロモーションやVIPプログラムなどお得なサービスも提供しており、損失リスクを軽減したポーカーが可能です。

オンラインポーカー選びで迷っているなら是非ともKKポーカーをおすすめします。

KK Pokerの公式サイトはこちら

KKポーカーが稼げる6つの理由│稼げない理由が見つからない

KKポーカーが稼げるのにはれっきとした理由があります。KKポーカーは対プレイヤー同士のテキサスホールデムポーカー、スマホで遊べる、フィッシュが多く狩りが有効などです。

他にもKKポーカーの豪華なVIPクラブ、イカサマなし、高額トーナメントやフリーロールの存在なども稼げる理由として挙げられます。まさに稼げない理由が見つからないと言っても過言ではありません。

同じテキサスホールデムポーカーでもランドカジノとなると話は別です。KKポーカーはメリットいっぱいのオンラインポーカーだからこそ稼げる理由とその証拠があります。

ここからはKKポーカーが稼げる6つの理由についてそれぞれ詳しく解説します。「本当にKKポーカーは稼げるの?」「なんで稼げるの?」という方に向けてまとめてみました。

対ディーラーではなく対プレイヤー同士だから稼げる

KKポーカーで遊べるポーカーは対ディーラーではなく、対プレイヤー同士で駆け引きを行うテキサスホールデムポーカーのため、実力次第で稼げます。

例えば対ディーラーのポーカーとしてカジノホールデムやカリビアンスタッド、スリーカードポーカーなどが挙げられますが、これらはほぼ運頼りのポーカーです。どれだけ実力があっても運次第では連敗が続くことだって普通にあります。

しかし対プレイヤー同士となると話しは別です。実力次第で稼ぎ続けることが可能ですし、カジノ側もレーキで必ず利益の確保が可能なため、イカサマの心配もありません。

以上のような理由から対プレイヤー同士のKKポーカーは稼げるギャンブルだと言えます。

いつでもどこでも時間や場所を選ばず効率的に稼げる

KKポーカーはオンラインポーカーアプリであり、スマホやタブレットさえあれば、いつでもどこでも時間や場所に関係なく効率的に稼げます。

ちょっとしたスキマ時間や待ち合わせ時、昼休憩時など、遊ぶ環境を選びません。仕事やプライベートでどれだけ忙しい方でも、KKポーカーなら時間を気にせずサクッとプレイが可能です。

KKポーカーでは突発的なゲリラ的なイベントも不定期的に開催しており、アプリをインストールしておけばチャンスを見逃すこともなくなります。KKポーカーからの通知は常にONにしておき、便利にお得に稼いじゃいましょう。

ポーカー初心者やフィッシュが多いから稼げる

現在では複数のオンラインポーカーがリリースされていますが、その中でもポーカー初心者やフィッシュが多いのがKKポーカーです。フィッシュとは「ポーカーが下手な人」を指し、積極的に狙い撃ちすることでリスクを軽減したギャンブルが可能になります。

フィッシュかどうかは実際に対戦してみなければわかりませんが、KKポーカーの過半数は初心者かフィッシュとも言われています。特にレートの低いテーブルにはフィッシュで溢れているため、中級者以上なら効率よく稼げます。

言い方は悪いですが、KKポーカーで稼ぐために初心者やフィッシュ狩りは常套手段です。しっかりと見極め、KKポーカーで常勝を目指しましょう。

クラブに加入し最大50%にもなるレーキバックの恩恵で稼げる

KKポーカーにはレーキバックと呼ばれるシステムを採用しており、クラブに加入することで最大50%のレーキが戻ってきます。

そもそもレーキとはKKポーカー側に支払う場代のことで、雀荘で支払う場代と意味合いは同じです。当然雀荘で場代が戻ってくることはありませんが、KKポーカーなら最大50%が戻ってくるため、ゲームで損失が発生しても多少のリカバリーが可能になります。

レーキバックを上手に使えば損失リスクが大幅に軽減し、稼げるチャンスが増えます。ただしレーキバックの獲得にはいくつかの条件があるため、事前にクラブのルールを確認しておきましょう。

マン島ライセンス保有でイカサマが一切ないから稼げる

KKポーカーの運営会社「AceKing IOM Limited」は、インターネット上でポーカーのサービスを提供するために、マン島の政府関連機関からライセンスを受けています。

ライセンスとはオンラインポーカーの運営に必要不可欠で、これを所有しないオンラインポーカーは全て違法サイトです。ライセンスがあるからこそ発行元からの厳しい審査と監視により、安心安全に公平なギャンブルが可能になります。

マン島は厳しい審査で知られる信頼性の高いライセンスのため、KKポーカーならイカサマやその他不正行為の被害に遭うことなく安心安全にポーカーを楽しめます。

もちろん対プレイヤー同士のテキサスホールデムポーカーに運営側がイカサマをする理由がありません。しかしライセンスを所有しない違法サイトでは不正行為も多いのは事実です。全てのオンラインポーカーが安心安全というわけではないので注意しましょう。

高額トーナメントとフリーロールを多数開催しているから稼げる

KKポーカーではキャッシュゲームの他にも高額なトーナメントやフリーロールを多数開催しているため、上位入賞で大きく稼げるチャンスがあります。

中には優勝で数百万円という夢のような賞金を得られるトーナメントもあり、実力次第では一夜にして一攫千金が可能です。またフリーロールとは無料トーナメントのことで、レーキを支払わずにトーナメントへ参加できます。

フリーロールはただのお遊びではなく賞金も用意されています。さらにフリーロールにはポーカー初心者が多く参加しているため、実力のある中級者以上のプレイヤーなら上位入賞も十分に狙えます。

キャッシュゲームでコツコツを稼ぐのも1つの方法ですが、せっかく稼げるチャンスのあるトーナメントですから、積極的に参加しましょう。

KK Pokerの公式サイトはこちら

KKポーカーのAOFは稼げる?ゲーム性から考察してみた

KKポーカーのAOFは稼げるのか?と疑問を持つプレイヤーが多くいます。KKポーカーはテキサスホールデムポーカーやオマハポーカーの他、様々なポーカーで遊べるオンラインポーカーです。

その中の1つがAOFで、今多くのプレイヤーから注目を集めています。KKポーカーでAOFがリリースされたのはここ最近であり、ゲーム性やルールを知らない方も多いかもしれません。

そこでここでは、KKポーカーのAOFとは何なのか?効率的に稼げるのか?などについて詳しく解説していきます。AOFで稼ぎたい方は是非参考にしてみてください。

そもそもAOFとは?選べるアクションは2つのみの簡単なルール

KKポーカーのAOFとは「ALL in or Fold」の略称で、その名の通りオールインかフォールドしかアクションの選択ができないポーカーです。

一般的なテキサスホールデムポーカーの場合、プリフロップでレイズやコールなど様々なアクションの中から戦略に応じて選択できますが、AOFはオールインかフォールドの2種類しかありません。

つまりフロップやターン、リバーなどのラウンドは存在せず、プリフロップだけで勝負するかフォールドするかを選ばなければいけません。全ては2枚のハンドの強さで決めなければいけません。

言うならばDEAD or ALIVE的なルールで、全てのチップを失うか、もしくは総取りするかの二者択一の勝負です。プレイヤー数は2~4人で手持ちのスタックは8BBとなります。

非常にシンプルなルールですが、今KKポーカーでは世界中のプレイヤーから支持を集めています。

KKポーカーのAOFは単なる運ゲーではなく知識ゲー

AOFのルールを理解すると「結局のところ運ゲーではないか?」と誰もが考えるでしょう。確かにテキサスホールデムポーカーのように心理戦や駆け引きの要素が少ないため、単なる運ゲーだと考えてもおかしくありません。

しかし各プレイヤーに2枚のカードが配られ、5枚のコミュニティカードで役を作るというルールは同じです。つまり自分のハンドと他のプレイヤーのハンドレンジが重要な知識ゲーとも言えます。

ハンドから役が完成する確率と勝率を理解することで、AOFでの勝率が大きく高まります。逆にハンドレンジの計算ができなければ負ける可能性が高くなり、他のプレイヤーから狩られる原因となります。

オールインとフォールドしか選べないAOFですが、実際にはテキサスホールデムポーカーのように駆け引きが重要な戦略性を持ちます。

プレイを数値化した「スタッツ」参考で勝敗が大きく変わる

KKポーカーでは、スタッツと呼ばれる他のプレイヤーのプレイを数値化したデータを見ることができます。ただし見れるのはVIPカードを購入したプレイヤーのみとなります。

同じVIPカードでもスタッツ表示に対応しているのはプラチナムのみで、最低でも30日で70ドル近く支払わなければいけません。少々割高ですが、AOFで稼ぐためにスタッツ表示は大きなアドバンテージになること間違いありません。

他のプレイヤーのスタッツを確認し、オールイン率が28~33%なら適正値となるため対戦は避けた方が無難です。適正値のプレイヤーはポーカー上級者の可能性が高くなります。

逆に24%以下はタイトプレイ、36%以上はルースプレイ傾向にあるため、ハンドレンジから外れたプレイをしてくる可能性が高いです。つまり稼げるチャンスのため、積極的に対戦に挑むべきです。

このようにVIPカードのプラチナムを持っていれば、それだけAOFでの勝率が大幅にアップします。AOFで稼ぐのが目的であれば、初期投資としてプラチナムの購入をおすすめします。

【考察結果】KKポーカーのAOFは十分に稼げる

運ゲーではなく知識ゲー、そしてスタッツの存在により、KKポーカーのAOFは十分に稼げるポーカーだとわかりました。たとえオールインかフォールドしかアクションが選べなくとも、AOFはテキサスホールデムポーカーと同じで実力が物を言うポーカーです。

スタッドポーカーのように運の要素が強いポーカーとは大きく異なるため、KKポーカーで稼ぎたい方にAOFはおすすめです。逆にルールがシンプルなため、ポーカー初心者でも気軽に遊べますが、フィッシュとして狙われる可能性が高くなります。

AOFで稼ぎたいのであれば、まず最初にポーカーの基本的な知識はもちろん、ハンドレンジや役の完成確率を確実に覚えるようにしましょう。そして多少割高でもVIPカードのプラチナムは必須です。

KKポーカーで安定的に稼ぐために必要な5つのコツ

KKポーカーは運だけで勝てるギャンブルではないため、安定的に稼ぐためには勝つためのコツを掴まなければいけません。

ポーカーに関する知識を完璧に覚えるのはもちろん、常に冷静な判断でティルトモードを避け、キャッシュゲームの数をこなしポーカー自体に慣れましょう。他にもフィッシュの見極めやボーナスプロモーションの活用なども、KKポーカーで稼ぐために重要な要素です。

初心者は運だけで稼ごうとし、あらゆるアクションをその場のノリや直感で決めようとします。確かに運も大切ですが、ポーカーの8割は実力が占めています。実力なしで安定的に稼ぐことはできません。

そこでここでは、KKポーカーで安定的に稼ぐために必要な5つのコツについて、もう少し詳しく解説していきます。コツを理解してKKポーカーでの常勝を目指しましょう。

兎にも角にもポーカーの知識を完璧に覚えて実力を付ける

KKポーカーで稼ぐために、兎にも角にもポーカーの知識を完璧に覚えてください。知識なしで稼げるほどテキサスホールデムポーカーは甘いゲームではありません。

役の強さや完成確率、全てのアクション、ゲームの流れなどなど、テキサスホールデムポーカーには覚えるべき知識がたくさんあります。特に役の強さは全てのポーカーに共通するルールであり、心理戦や駆け引きに勝つために最も重要なルールです。

これら全ての知識を完璧に覚えれば自然と実力も身に付いてきます。完全初心者の方は少々面倒臭さを感じるかもしれませんが、KKポーカーで稼ぐためには必要不可欠です。

ティルトモードに注意し常に冷静な判断でアクションを決める

KKポーカーで負け続けている人で最も多い原因がティルトモードです。ティルトモードとは冷静さを失い論理的思考でプレイできなくなる状態のことで、ポーカーの勝負では死活問題です。

ポーカーで稼ぐためには他のプレイヤーのハンドレンジを予想し、どのアクションで攻めるべきかを冷静に判断しなければいけません。ティルトモードに入ると冷静な判断ができなくなり、たとえ実力のあるプレイヤーでもフィッシュ化してしまう恐れがあります。

ティルトモードを防ぐためには強いメンタルを持ち、損切りと勝ち逃げのタイミングを事前に決めておきましょう。そして一度決めたタイミングは決して覆してはいけません。「もっと勝てる」「次は勝てる」という考え方はティルトモードに入っている証拠です。

メンタルコントロールを常に意識し、常に冷静な判断でアクションを決めましょう。

低レートのキャッシュゲームを選びポーカーに慣れる

何事にも「慣れ」は必要不可欠であり、それはKKポーカーでも同じです。ポーカーに慣れない限り、いつまで経ってもKKポーカーで安定的に稼ぐことはできません。

トーナメントで経験を積むのも良いですが、おすすめは低レートのキャッシュゲームです。キャッシュゲームなら好きなタイミングでゲームに参加したりテーブルから離れられ、低レートなら資金の大きな損失リスクもありません。

もちろん無茶なルースプレイを続けていると大きく負けてしまうこともありますが、ある程度のタイトプレイならその心配もなくなります。低レートのキャッシュゲームへ積極的に参加し、とにかくポーカーに慣れてください。

慣れてきた段階でレートの高いキャッシュゲームやトーナメントへ参加し、稼ぎを増やしていきましょう。

フィッシュを見極めて今後カモにするためにタグ付けする

KKポーカーにはたくさんのフィッシュがプレイしているため、まずはフィッシュかどうかをしっかりと見極めましょう。フィッシュの見極めはスタッツ表示が最も簡単ですが、同じテーブルでプレイすれば意外と簡単に見極められます。

過度なタイトプレイやルースプレイ、ブラフでガンガン攻める、無茶なオールインを繰り返すなど、フィッシュには様々な特徴があります。

そしてフィッシュを見極めたら今後もカモにするためにタグ付けしましょう。タグ付けはKKポーカーだからこその機能で、もしタグ付けしたプレイヤーが同じテーブルに座った場合、一目でフィッシュだと判断できるようになります。

ただしフィッシュも成長を続けているため、タグ付けしてもすでにフィッシュを卒業している可能性も考えられます。タグ付けしてから長い期間経っているプレイヤーには注意が必要です。

お得で豪華なボーナスプロモーションを有効活用する

KKポーカーは積極的にボーナスプロモーションを実施しているお得なオンラインポーカーで、これらボーナスを有効活用することで、損失リスクを軽減したポーカーが可能になります。

初回入金ボーナス、ミッションボーナス、キャンペーンボーナス、VIPクラブボーナスなど、豪華でお得なボーナス獲得の機会がたくさんあります。特に力を入れているのが初回入金ボーナスです。

KKポーカーの新規登録ユーザーに向けたボーナスで、初めてKKポーカーへ入金すると、入金額に応じて最大500ドル(100%)のボーナスが進呈されます。しかもボーナスの賭け条件は1倍のため、簡単に出金できるのもKKポーカーの魅力です。

これらお得で豪華なボーナスプロモーションを有効活用し、どんどんキャッシュを増やしていきましょう。

KK Pokerの公式サイトはこちら

KKポーカーで稼ぐために効果的な3つの練習方法

KKポーカーで稼ぐコツを理解したところで、次は稼ぐために効率的な練習方法です。ポーカーの練習方法はいくつかありますが、おすすめはKKポーカーのフリーロール、もしくはオンラインカジノのカジノホールデムポーカーです。

フリーロールはほぼ毎日開催していますし、オンラインカジノのカジノホールデムポーカーなら入金不要ボーナスを使った無料プレイが可能です。どちらも勝てばキャッシュが手に入るチャンスもあり、一切の損失リスクなく、キャッシュを稼げる可能性があります。

ここではKKポーカーで稼ぐために効果的な3つの練習方法についてご紹介します。今すぐ誰でも気軽に練習できる方法なので、是非実践してみてください。

KKポーカーが開催するフリーロール(無料トーナメント)に参加する

KKポーカーではほぼ毎日フリーロールを開催しています。フリーロールとは無料で参加できるトーナメントのことで、運営側に支払うレーキ(参加費用)がありません。

各フリーロールによって決められたチップがもらえ、トーナメントが開催されます。トーナメントで上位に入賞すると賞金が進呈されるため、リスクなく稼げるチャンスもあります。

通常、トーナメントに参加するためには一定のレーキが必要で、ランドカジノでフリーロールを開催するカジノはありません。オンラインポーカーであるKKポーカーならではのイベントです。

本格的なトーナメントをリスクなしで経験できるため、ポーカーの練習に最適です。KKポーカーのフリーロールには積極的に参加しましょう。

オンラインカジノのカジノホールデムポーカーを無料プレイする

いきなりKKポーカーで対プレイヤーのテキサスホールデムポーカーに参加するのではなく、まずはオンラインカジノのカジノホールデムポーカーで練習すると実力が身に付きます。

カジノホールデムポーカーとは対ディーラーのポーカーで、ディーラーよりも強い役なら勝利となり、役に応じた配当を得られます。ルールはテキサスホールデムポーカーと同じですが、ディーラーにフォールドはなく、必ず勝負となります。

テキサスホールデムポーカーを練習するゲームとしてカジノホールデムポーカーは最適です。またオンラインカジノには登録だけで進呈される入金不要ボーナスがあり、自己資金を使うことなくカジノホールデムポーカーで遊べます。

ただしカジノホールデムポーカーが入金不要ボーナスの対象外としているオンラインカジノも多くあるため、登録する前に禁止ゲームや除外ゲームを確認しておきましょう。

実際のカードを使って友達やポーカー仲間と練習する

KKポーカーやオンラインカジノではなく、実際のカードを使って友達はポーカー仲間と練習するのも効果的なです。対面でワイワイしながらのポーカーはとっても楽しいですし、自然と知識やルール、戦略が身に付きます。

ただし友達であっても実際にお金を賭けて遊んではいけません。国内でお金を賭けた賭博は違法行為であり、万が一発覚すると人生を左右する大きなトラブルに発展してしまう恐れがあります。

KKポーカーやオンラインカジノは海外を拠点にしておりライセンスも保有しているため、国内でお金を賭けて遊んでも違法性はありませんのでご安心ください。

KKポーカーは稼げる?に関するよくある質問

最後にKKポーカーは稼げる?に関するよくある質問と回答をまとめてみました。

KKポーカーとGGポーカーはどっちが稼げますか?

KKポーカーもGGポーカーも同じオンラインポーカーであり、どちらも世界規模でサービスを提供しています。しかしポーカー初心者にとって稼ぎやすいのはKKポーカーです。

GGポーカーよりもKKポーカーの方が初心者やフィッシュが多く、稼げるチャンスがあります。低レートのキャッシュゲームやフリーロールで稼ぎたいのであればKKポーカーをおすすめします。

逆に一攫千金を狙いたいのであればGGポーカーがおすすめです。GGポーカーなら世界の主要ポーカー大会に出場でき、見事入賞で数百数千、時に数億円という夢のような大金を得られるチャンスがあります。

KKポーカーに稼げるカジノゲームはありますか?

残念ながらKKポーカーはオンラインポーカーに特化したゲーミングサイトです。ポーカー以外のカジノゲームでも遊びたい場合にはGGポーカーがおすすめです。

GGポーカーは対プレイヤーのポーカーを主に、ライブカジノやシステムを使ったテーブルゲーム、スロット、ジャックポットゲームなどでも遊べます。

KKポーカーで稼げない理由はどうしてですか?

KKポーカーで稼げない理由として「ポーカーの知識が少ない」「ポーカーの経験を積んでいない」「メンタルをコントロールできていない」「ティルトに陥る」などが挙げられます。

逆にこれらを全て払拭すれば、KKポーカーで稼ぐことができます。ポーカー初心者がいきなりKKポーカーで稼ぎ続けるのは難しいですが、実力さえあれば常勝も十分に可能です。

KKポーカーで稼ぐのに本人確認は必要ですか?

KKポーカーに登録するだけなら本人確認は必要ありません。しかし軍資金の入金や勝利金を出金するためには、身分証明書と住所確認書類を提出し、本人確認を完了させる必要があります。

入金も出金もできなければ、当然KKポーカーで稼ぐことはできません。以上のことからKKポーカーで稼ぐために本人確認は必要不可欠です。

KK Pokerの公式サイトはこちら

目次