in

オンラインカジノのアフィリエイトは儲かるのか?

オンラインカジノのアフィリエイトは儲かるとの話もあれば、儲からないとの話もあります。

他のアフィリエイト同様、どのように取り組むのかも重要ではあるのですが、そもそも商材として魅力があるということも儲けるための大前提となります。

そこで今回は、オンラインカジノのアフィリエイトで儲けるためのポイントについてご紹介します。

 

オンラインカジノのアフィリエイトは儲かるとの声

オンラインカジノ 儲かる

オンラインカジノのアフィリエイトに取り組み、儲かっているとする声は多々聞かれます。そこで、なぜ儲かるのか、その理由をいくつかご紹介します。

  • 報酬が良い
  • ライバルが少ない
  • 閲覧者・利用者に可能性を提示するからこそ

特に上記の3点はよく言われていることです。これらについて解説していきます。

報酬が良い

オンラインカジノのアフィリエイトは、他の商材と比較すると成果報酬が高めに設定されています。

一件当たりの成果報酬単価が高めに設定されていますので、当たると大きいです。

成果報酬が低いアフィリエイトの場合、稼ぐためにはCVRを高めなければなりません。

そのため、サイトの構成はもちろんですがアクセス数も意識しなければなりません。

SEO対策はもちろんですが、競合のリサーチ、更新頻度など様々な点を意識したサイト運営が問われます。

オンラインカジノのアフィリエイトもそれらを意識した方がいいのは言うまでもありません。

しかし、報酬が高いので幅広いアクセスではなく、特定層からのアクセスでも十分に成約が見込めます。

結果、アクセス数が多くはないとしても、成約率の高さから、アフィリエイトで儲かるのです。

ライバルが少ない

ライバルが少ない

オンラインカジノのアフィリエイトは、まだまだ競合が少ないです。

アフィリエイトは広告宣伝事業の一種です。

ライバルが多ければ、自サイトへの流入は低下します。

アクセスの減少は、CVRの低下も招くことでしょう。

しかし、競合が少ないので、検索エンジンの上位に食い込みやすいです。

そのため、多くの人の目に触れることとなり、成果報酬を獲得し儲かるという仕組みです。

アフィリエイトを含め、どの産業も競合は少ないに越したことはありません。

競合が多ければ多いほど、顧客の奪い合いとなりますが、相手が大手となれば勝つ見込みは低くなります。

その点オンラインカジノのアフィリエイトは競合が少ないです。

また、オンラインカジノが海外のサービスとあって、大手が参入しにくい部分でもあります。

そのため、今後も競合はあまり増えないのではとの予測もあります。

なぜ大手が参入しにくい?

なぜ大手が参入しにくい?

資本主義の原理として、どのような産業も大手が参入することで、その資本力で市場を席捲します。

結果、中小や個人事業主は撤退を余儀なくされます。

アフィリエイトでも、大手が参入してきたことで、撤退せざるを得なくなった中小・個人アフィリエイターは珍しくありません。

しかし、オンラインカジノは海外のサービスですし、ましてオンラインカジノは常に法律的見地での意見が割れることもあります。

そのため、大手が参入しにくいジャンルです。

オンラインカジノは法律上問題ないの?

大手が参入しにくい理由として、海外のサービスである点、さらには法律的な解釈で意見が割れている点が挙げられます。

事実、オンラインカジノでは逮捕者が出ました。

「え?危ないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、実はこの逮捕劇こそ、オンラインカジノが違法ではない証左ともなりました。

アクセスした土地の法律が適用されるうえ、オンラインカジノはカジノが合法な国のサーバーで運営されているのでOKという解釈が妥当だと解釈されていました。

しかし、あくまでも法的解釈で、実際にどうなるかは未知数だったのも事実です。

そんな折、2016年オンラインカジノを楽しんでいた日本人ユーザーが逮捕されました。

これにより、送金サービス大手「ネッテラー」が日本国内から撤退するなど、それなりの影響がありました。

しかし、逮捕されたものの起訴には至りませんでした。

この逮捕劇は、オンラインカジノの利用者が起訴されることはないと線引きが出来た瞬間でもありました。

実際、この逮捕劇以降、国内のオンラインカジノ利用者で逮捕者は出ていません。

しかしながら、イメージを大切にする大手企業からすると、アフィリエイトに乗り出しにくいテーマなのでしょう。

閲覧者・利用者に可能性を提示するからこそ

オンラインカジノのアフィリエイトが儲かる理由に、商品ではなく、可能性の提示である点も挙げられます。

例えば商品・サービスのアフィリエイトの場合、あくまでも商品やサービスをどのように利用するかの提案です。

メリットがない人は購入しないでしょう。

興味がない、あるいはライフスタイルにマッチしていない人もまた、購入することはないでしょう。

しかし、オンラインカジノのアフィリエイトで紹介するのはオンラインカジノです。

もしもですが、オンラインカジノで勝利を収めれば、大きな利益を手にできます。

「購入してくれ」ではなく「利益を手にできるかもしれないですよ」という紹介。

つまり、閲覧者に「大金を手にできるかもしれないサービス」の可能性を提示しているということです。

そのためCVを獲得しやすいのです。

オンラインカジノのアフィリエイトは儲からないとの声

オンラインカジノのアフィリエイト

オンラインカジノのアフィリエイトは儲かるとの声もあれば、儲からないとの声もあります。なぜ儲からないのか、主だった声をご紹介しましょう。

  • オンラインカジノそのものの知名度
  • 「思ったほど」儲からない

特にこの2点について解説します。

オンラインカジノそのものの知名度

オンラインカジノは、まだまだ「知る人ぞ知る」といったニッチなサービスです。

日常生活の中で当たり前のように見かけるものではなく、意識しなければ視界に入らないもの。

そのため、オンラインカジノのことを知らない人も多いのではないでしょうか。

例えばテレビ番組で取り上げられた商品が気になり、検索をかけたらアフィリエイトサイトにアクセスしたという話は珍しいものではありません。

テレビ番組だけではなく、スポーツ、有名人のSNS等を見て気になる商品は検索をかけるのが現代人です。

しかし、テレビにせよ有名人のSNSにせよ、オンラインカジノが話題になることはそうそうありません。

そのため、検索されにくいジャンルとなっています。

結果、なかなかサイトへのアクセスが集まらず、儲からないという声です。

好意的に解釈するのであれば成長の余地・伸びしろが豊富。

悪くとらえると、一般的な需要が低いからこそ競合が少ないと考えることもできます。

「思ったほど」儲からない

オンラインカジノのアフィリエイトは、しばし詐欺まがいの情報商材にて取り扱われることもあるジャンルです。

そこでは「一日数分の作業で毎月数十万円」「毎日数時間の取り組みで月収3桁到達」等、楽に儲かることがアピールされています。

このような宣伝文句でオンラインカジノのアフィリエイトを始めた人は、多少の儲けでは満足できないでしょう。

一般的にみれば合格ラインだとしても、先にあげた誇張された利益に期待しています。

そのため、数万円程度の利益では「儲からない」と思ってしまうでしょう。

なぜ情報商材で扱われているのか

オンラインカジノに限らず、アフィリエイトは情報商材のネタになりやすいです。

「楽に稼げる」「副業にぴったり」と、閲覧者を煽ります。

さらには現金や口座の画像を表示し、さも本当に儲かるものだと錯覚させ、消費意欲を刺激するのです。

しかし実際に始めてみると、それらが誇張されたものだと思い知ることになります。

アフィリエイトが情報商材で取り上げられる理由として、実際に稼いでいる人がいる点です。

一方で、逃げ道がいくらでもある点が挙げられます。

購入者から「全然稼げないじゃないか!」とクレームを受けても、「やり方が悪い」で済んでしまいます。

むしろ、「これを購入すると結果が出るかも」と、さらに商品の購入を促す悪徳業者も。

アフィリエイトそのものは決して違法性はありません。

しかし、悪徳業者が取り上げやすいジャンルとなってしまっているのです。

オンラインカジノで儲かるためには!

オンラインカジノで儲かるためには

オンラインカジノで儲けるためには他のビジネス同様、自分自身の努力や才能も求められます。

そこで、オンラインカジノで儲かるために何が必要なのか。いくつか挙げてみるとしましょう。

  • オンラインカジノの魅力を「具体的に」アピールする
  • 魅力を誇張しすぎない

特にこの二点について解説します。

オンラインカジノの魅力を「具体的に」アピールする

オンラインカジノのアフィリエイトの目的は、サイト閲覧者に入会してもらうことです。

そのため、オンラインカジノの良さをアピールしなければなりません。

その際、できる限り具体的にアピールすると良いでしょう。

「面白いです」「儲かります」といった主観的な言葉より、「〇〇円儲かります」など、具体的数字の方が説得力があります。

例えばオンラインカジノは、業者によってはペイアウトを公表していますので、数字を出すのも良いでしょう。

「還元率が高いです」より「還元率は97.0%です」と伝えた方が説得力を与えられるのではないでしょうか。

オンラインカジノのアフィリエイトで数字でアピールできるもの

主観ではなく数字でアピールすることが重要ですが、実際に数字でアピールできるものとしては以下が挙げられます。

  • ペイアウト
  • ボーナス
  • 過去の当選実績
  • 加入者数
  • 営業年数
  • 遊べるゲーム数

これらに関して、具体的な数値を出しているオンラインカジノ業者もいます。

これらの数字は業者によって異なる部分。

つまり、閲覧者が比較する部分です。

数字を出すことで、閲覧者に対して説得力のある判断材料の提示ができます。

主観的な表現よりも、数字を出してアピールしてみましょう。

数字ではないけど具体的にアピールできるもの

数字としては表せないものの、具体的にアピールできるものもあります。

  • ライセンス発行国
  • 親会社の業態・業績

これらは利用者の安心感に繋がります。

オンラインカジノに興味のある人は、儲かるかはもちろんですが、安全性・信頼もこだわります。

どこで発行されたライセンスなのか、また信頼できる親会社の存在があるかどうか、これらもまた、アピールポイントになるでしょう。

魅力を誇張しすぎない

閲覧者の背中を後押ししたい気持ちから、魅力を誇張してしまうケースは多いことでしょう。

確かに魅力をアピールすることは、アフィリエイトでは重要です。

しかし、魅力が事実ではなく、誇張されているようではかえって信頼されません。

現代の消費者はこの点に敏感ですので、少し調べて虚偽・誇張だと分かることは通用しません。

むしろ、虚偽や誇張で閲覧者をだまそうとしていると、ネガティブなイメージを抱かれてしまう可能性もあります。

メリットだけではなくデメリットも提示しよう

アフィリエイトは何かとメリット面を強調しがち。

しかし、現代の消費者は情報収集の方法も様々です。

おかしいと思ったものはすぐに調べます。

つまり、メリット面ばかりを並べていると、「デメリットもあるはず」と思われます。

デメリットを自ら調べて確認すると、サイトそのものの信頼性が低下します。

「デメリットを隠して紹介している」「騙そうとしているサイト」と、こちらもネガティブな印象を抱かせかねません。

メリットだけではなく、デメリットも提示し、「信頼できるサイト」であることをアピールするのです。

様々な判断材料を提示し、「おすすめですけど最終判断はお任せします」なスタンスに徹しましょう。

比較に主観を入れない

おすすめしたいアフィリエイト商材があると、比較対象をけなしてしまいがち。

自分が紹介する商品・サービスの優勢をアピールするためには、競合を下げる方が簡単だからです。

しかし、現代人は目が肥えています。

数値等を出さない主観的な比較ではなかなか読者に説得力を与えられないでしょう。

比較するのであれば数値を出し、あくまでも「数値の上で」と注釈を入れておくことをおすすめします。あくまで客観的な比較にとどめましょう。

主観的な比較は、ともすればサイトの信頼性を損ねます。

オンラインカジノで儲かるASPならマネークリックがおすすめ!

オンラインカジノで儲かるASP

オンラインカジノで儲かるためにはポイントがあることが分かっていただけたのではないでしょうか。

大切な点は多々ありますが、ASP選びもポイント。

オンラインカジノを扱っているASPは少ないのですが、マネークリックがおすすめ。

特にマネークリックは5ティア制度。

自分が獲得したアフィリエイターの利益もまた自分の利益となりますので、収入の継続性がポイントです。

日本語対応、さらには日本の口座への振りこみも可能等、日本人が稼ぎやすいASPです。

moneclickでゲーミングアフィリエイト
今すぐ無料で開始!

【2021最新】サブスクを用いたアフィリエイトが熱い|成果を出すコツもご紹介

【アフィリエイト初心者必見】2ティア報酬とは?制度のあるASP3選紹介!

【アフィリエイト初心者必見】2ティア報酬とは?制度のあるASP3選紹介!