マネークリックメールマガジンサムネイル
in

【マネークリック通信】結局オンラインカジノって合法なの?違法なの?

    2024年5月更新: 日本国内より海外のオンラインカジノで賭博をしたとしてYOUTUBERが常習賭博罪に問われ、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡されました。(*2024年5月8日時点) 逮捕及び判決は、賭博行為によるものでありアフィリエイトに関しては違法性は問われておりません。しかしながら、日本国内からの海外オンラインカジノでの賭博は違法という判決がでたため、アフィリエイター様は、今後、各自の責任の元、滞在国の法律に基づき活動くださいますようお願いいたします。

普段オンラインカジノアフィリエイトをされているみなさんも心の隅にこんな不安がございませんか?

結局オンラインカジノは合法なのか?違法なのか?

結論から言うと違法ではないのですが、なぜそうなるのか根拠も含めてご説明していきたいと思います。

何故違法にならないの?

ではここから具体的に「なぜオンラインカジノが違法にならないのか」ということを説明していきたいと思います。

大前提として、日本でのカジノは「賭博罪」にあたることには間違いありません。
競馬・競艇・競輪・宝くじのような国営賭博とは違ってオンラインカジノはグレーゾーンではあります。
しかし、パチンコの「三店方式」と同じように法の隙をついて違法だと言い難い状況で運営をされているのです。

海外政府公認の監査機関からラインセンスを取得している

オンラインカジノを運営には、政府公認の監査機関からライセンスを取得する必要があります。
その正規ライセンスを持ってオンラインカジノを運営している場合は、日本が捜査協力を求めることはできません。

なぜなら国がライセンスを取得しているということは、合法的に運営されていると政府が認めたということです。

そんな政府公認の運営会社に対して「日本ではカジノは違法だから捜査に協力してほしい」なんてお願いすると、「政府ライセンスの信用がないのか」と国際問題になりかねませんよね。

また、日本の法律は原則として日本国内でしか適用されません(一部除く)ので、どちらにしろ運営会社が海外にある場合は処罰できません。

オンラインカジノを処罰する法律がない

とはいえ、「オンラインカジノは賭博だから、賭博罪で罰することはできないのか?」と思うかもしれませんが、現状では賭博罪(刑法185条)の整備が十分でないため簡単に処罰することができません。

賭博罪(刑法185条)では「プレイヤーを処罰するためには、賭博の運営者(カジノ運営会社)を検挙する必要がある」とされています。

しかし先述した通り、日本の法律が適用されない海外にサーバーや運営会社があっては検挙することもできません。

オンラインカジノが合法な国で合法的に運営されている以上、日本の捜査当局がこれを取り締まることはできないのです。

逮捕事例はある?

これだけ法の隙をついていても、2016年3人のオンラインカジノプレイヤーが逮捕されました。

3人のうち2人は罰金を払って罪を認めてしまったんですが、残った1人は弁護士をたてて戦い見事無罪を勝ち取っており、それ以降、2021年の今日まで逮捕者は出てません

つまり現時点では弁護士をたてて戦った裁判では100%勝てているのです。

上記のことから現在オンラインカジノを使ってプレイしていても逮捕される確率は限りなく低いということになります。

 

今回の内容についてわかりやすく、動画でも説明させていただいておりますのであわせてご覧頂くとより分かりやすいと思います。

アバター

Written by マネークリック編集部

マネークリック運営・編集担当の鈴木です。オンラインカジノアフィリエイトについての正しい知識をより多くの人に伝えることを使命として活動しています。マネークリックやオンラインカジノについてご意見・ご感想がありましたら、いつでもご連絡ください(^^)