in

【脱税?】オンラインカジノで儲けたお金にかかる税金について分かりやすく解説します!

【脱税?】オンラインカジノで儲けたお金にかかる税金について分かりやすく解説します!

オンラインカジノで儲けたお金には税金がかかるのか?

国民の三大義務【勤労】【教育】そして【納税】。

日頃オンラインカジノを利用しているみなさん、オンラインカジノはお金を扱うサービスなので利用していると少なからず利益が発生します。

利益が発生するということは、それは所得…。

当然、所得にはみなさんご存知「所得税」がかかってきます。オンラインカジノで所得税のかかる50万円以上出金する方がもし、確定申告や納税を怠ると脱税の罪に問われる可能性があります。

今日はそんなオンラインカジノと税について、色々なサイトを回って気づいたことをまとめていきます。

何故税金を払わなきゃいけないのか

まず、オンラインカジノのようなギャンブルで出た利益は一般的に、一時所得というものに分類されます。

例えば競馬、競艇、パチンコ、パチスロetc

パチンコでの利益に所得税がかかるという話はあまり聞いたことがありません。それもそのハズ!

実はパチンコで得た利益も本来は一時所得としてカウントされて、税金を納めなきゃいけないんですが、あちらは最終的に現金でやりとりするので記録が残らず、国税庁も調査しづらいというわけです。

反面、オンラインカジノでは基本的に銀行口座を利用して入出金するため、記録が残ってバレてしまいます。しっかりとクリーンにしておきましょう。もし実店舗があって現金手渡しできたら違法カジノになってしまうのでこれは避けられません。

銀行口座は、個人に紐付けされていて、お国の人がカンタンにチェックできるようになってます。
高額の出金がある状態で納税を怠ると、あなたのお家に

「いついつ〇〇カジノというサイトから、✖️✖️円振り込みがありますけど、これはなんですか?」

といったお手紙が届きます。

この状態でもペナルティーを含んで多めに納税しなきゃいけなくなるのと、もしこれを無視し続けるとどこぞの芸人さんみたいにえらいことになります。

知らぬ存ぜぬは通らないのでちゃんと向き合いましょう!

オンラインカジノにおける所得税の計算方法

では、オンラインカジノってギャンブルだから元手もあるし、課税対象額の計算方法ってどうなってるのか、気になりますよね。具体的には、利益が出たときにその賭けで出た勝利金から、賭け金(必要経費)を引いた額が課税対象になります。この額が年間で合計して特別控除額50万円以上になる場合、確定申告しなくちゃいけません。

ここで注意したいのは、必要経費として引けるのは「利益が出たとき」です。なのでそれまでの過程でどんっっだけ負けてようと、勝った時の賭け金と利益しか関係ありません。

例えば、A君が年間でこんな感じでギャンブルを楽しみました。

オンラインカジノの所得税の計算方法最後かなり無茶しましたね。

こういった場合、青文字部分の負けた分は一切引けず、一時所得に関係するのは③と④だけです。

ここでは25万-5万の20万円と100万-20万の80万円。

合わせて100万円の利益。

これは50万円を超えているので、後に500万円負けてても一時所得として税金を納めなきゃいけません。

ちなみに実際に払う所得税としては

所得税の計算方法2一時所得は普段の所得に合算する際に特別控除額50万円をマイナスした額を半分にして計算します。

A君の年収が320万円だった場合ここに(100万円-特別控除額50万円)÷2で25万円、
345万×0.2 -42.75万=26万2500円となります。

これは本来320万×0.1-9.75万の22万2500円より4万円高い計算です。

他のオンカジユーザーはどうしてるのか

このように毎回こまめに出金と入金を繰り返すと、100万円以上の振り込みは、国税庁に連絡がいくようになってますし、さらに過去の賭け方や勝利金のデータはガッツリ残ってますので、ちゃんとした調査を入れられると、思わぬ額が利益になっている場合があります。

しかし、ここで朗報です。

最初に言ったように最も監視されてるのは銀行の口座ですので、もしA君が入金したタイミングが①の前で411万円入金していて、年間の出金額が0になります。

決して推奨するわけではありませんが、そういう場合でしたら元々オンラインカジノでの取引はインターネット上でのデータのやり取りですので、ここを取り締まるのは難しいと思います。

まあここはかなり曖昧なラインですが、所得税は所得に対して支払う義務なので、冒頭でもお伝えしたように、年間で50万円以上出金する方は、直前の入金額を引いて計算した額でしっかり確定申告してクリーンにしておいて、細かい監査を防ぐ、といった方法をとってる方が多いようです。

出金を故意に小分けにしない!

ここで、出金する額を50万円を超えないようにチマチマ小分けにすればいいんじゃないの?という考えを持つのは危険ですのでやめましょう。

頻繁に口座に振り込みがあるとかえって目立ちますし、合計額はちゃんとバレます。さらにこれに関してはバレた時にわざと脱税したとみなされ重加算税もありますから、納税を極端に避けた出金などは絶対にやめましょう。

雑所得に分類することはできるのか?

よくオンラインカジノの税について触れる際に抜け道として他のサイトで話題に上がる「雑所得」について、前述の通り、一時所得では利益を得た時点での賭け金だけしか経費として引くことができませんでしたが、「雑所得」では年間で使用した負け分の賭け金を全て必要経費として引くことができるんです。

実際に競馬では2017年にハズレ馬券を雑所得の経費として認める判決がありました。ただこの判例は極めて特殊な場合です。裁判に見事勝利した男性は年間5億7000万円の収入を競馬から得ていましたが、一方で購入した馬券は72億円。それほど本気で投資して競馬に取り組んでいたため、この活動は事業として認められ、結果1億9000万円の税から逃れることができました。

他の事例でも億単位の支出と継続性が必要で、さらにオンラインカジノは後に解説しますが、法的には違法ではなくともグレーゾーンですので、正式にオンラインカジノのプレイが事業として認められるかはわかりません。

ですのでやはり、雑所得として申請するのはまだまだ現実的ではありません。そのうち先程の競馬の方のようにとんでもない額をつぎ込んで負けた方が法廷で戦うことがあれば、そこから一気に雑所得として認められる場面が増える可能性はありますが、そこまでではない皆さんは素直に負けた分の額は含めずに一時所得として確定申告しておきましょう。

オンラインカジノで儲けたお金には税金がかかるかをまとめると

いかがだったでしょうか?オンラインカジノをいつも遊んでるみなさん、特に出金する際にはちゃんと、

・貰ったお金は所得
・所得には税
・50万超えたら確定申告

これを念頭に置いて健全にギャンブルしましょう!

動画でもオンラインカジノにかかる税金について解説しているので、こちらも合わせてご覧ください!

マネークリック公式チャンネル↓

https://www.youtube.com/channel/UC5zB1TSFaNrL_Xc3KKL5vgg

■JOYカジノ 下のバナーから登録頂くと45ドルの入金不要ボーナスが貰えます!

ボーナスコード:joyvip45

ジョイカジノ(Joycasino)

今なら入金不要ボーナス45ドルゲット!JOY CASINOへの仕方を解説!

今なら入金不要ボーナス45ドルゲット!JOY CASINOへの仕方を解説!

ジョイカジノで始めるアフィリエイト

【TwitterだけでOK】ジョイカジノでアフィリエイトを始めよう!