in ,

オンラインカジノと日本のギャンブルの還元率を徹底比較!稼げる理由を詳しく解説!

ひとつのギャンブルとして「オンラインカジノは本当に稼げるのか?」とても気になりますよね。

結論から申しますと、実は日本のどんなギャンブルよりも海外オンラインカジノは「稼げる環境」が用意されています。

ギャンブルに勝つためには予想のための知識や運も確かに必要ですが、最初から不利な状況でプレイしていては稼げるはずがありません。ギャンブルで稼げる環境かを判断するには、賭け金に対する「還元率」に注目することが重要です。

そこで今回は、オンラインカジノの「還元率」を日本のギャンブルと比較しながら、本当に稼ぎやすい環境なのかを解説していきます。

オンラインカジノが日本のギャンブルよりも稼げるという理由を、この記事の内容をみてぜひ知ってください。

オンラインカジノは日本のギャンブルよりも稼げるのか?

「海外のオンラインカジノは稼げるのか?」という問いに対しては「日本のギャンブルよりも稼げる環境がある」という答えになります。

その理由は、ジャックポットスロットに代表されるような「一撃の配当の高さ」というだけではありません。実はカジノゲームそのものが、プレイヤーに対してマイルドな仕様になっているのです。

ギャンブルで「どれだけプレイヤーにとって有利な環境であるのか」は、賭け金に対する戻り期待の割合で判断することができます。

この戻り期待の割合のことを「還元率」といって、ギャンブルで生計を立てるプロも注目するほど大事な要素なのです。

ギャンブルにおける還元率の重要性

ギャンブルごとの損失リスクレベルを把握するために、まずは還元率の重要性を知っておきましょう。

①還元率とは「賭け金100%に対し、どのくらい戻るのか?」を示す期待値のことです。

●還元率=賭け金に対する戻り期待割合

還元率が高いほど「負けにくい(損失が少なくて済む)」環境ということで、見方を変えるなら「稼げる可能性が高い」ともいえます。

商売である以上は運営が利益を出すことが前提ですので、賭け金である100%のうちから運営コストを差し引くことになります。

②運営側の利益になる部分は「控除率」といって、還元率と合わせて賭け金と同額になる仕組みです。

賭け金100%=(還元率+控除率)

還元率が高いギャンブルであるほど運営側の得る額は少ないものになり、参加するプレイヤーにとって有利な環境となります。

尚、対象の違いにより「ペイアウト率」と表示することもありますが、ここではわかりやすく同じものとしてご説明しています。

還元率の平均値はギャンブルごとに決まっている

あらゆるギャンブルには、それぞれ平均的な還元率というのが決まっています。

プレイヤーはそのギャンブルをプレイするほどに、長い目でみて「本来の還元率」に確率は収束※していきます。(※参考:大数の法則

つまり、もとから還元率が低いギャンブルをやることは、プレイヤーにはすでに不利な環境なのです。

そこで次の項目では、実際に日本のギャンブルと比較して、オンラインカジノがプレイヤー有利であるかどうかを検証してみましょう。

日本のギャンブルとの還元率の違いを比較

日本のギャンブルと海外のオンラインカジノの還元率がどのくらい違うのか、実際数字を見ながら比較してみましょう。

    ギャンブルごとの還元率の目安

  • 競馬・競輪・競艇:70〜75%
  • パチンコ:80〜85%
  • 宝くじ:45〜50%
  • toto:50%
  • ランドカジノ:92〜93%
  • オンラインカジノ:95〜98%

日本のギャンブルでもっとも還元率が高いのはパチンコ業界ですが、それでも80%台とかなり低いものです。

オンラインカジノはハイボラリテイなビデオスロットも含めてこの値に収まり、平均すると約97%もの還元率になります。オンラインカジノが稼げる理由は、日本のギャンブルの還元率と比較しただけで一目瞭然といったところでしょうか。オンラインカジノがプレイヤーにとってどれだけ有利な環境なのかは、この数字からもはっきりとわかると思います。

日本のギャンブルと比較してオンラインカジノの還元率が高い理由

なぜ日本のギャンブルと比較してオンラインカジノの還元率が高いのかは、営業時間にも関係する部分はあります。たとえ同じ商売としても、制限時間があるものと24時間営業では、集客の延べ人数の影響で売上に大きな差が出ることでしょう。

この点だけをみても、オンラインカジノは365日24時間休みなく営業しているというでも有利になります。しかし、決定的なものとしては「運営コスト」と「参加プレイヤーの数」に大きな違いがあるのです。

このことが日本のギャンブルの還元率の低さにつながり、オンラインカジノでは高くなる理由になっていきます。

理由その①運営コストが少なくて済む

たとえばパチンコ屋さんを運営するには、実店舗の家賃から人件費に光熱費など、さまざまなコストが毎月必要です。

オンラインカジノはというと、実店舗を持たないうえに、新作ゲームの導入に多くの実機を購入する必要もありません。

やはり運営に多くの経費が必要なものと、主軸がサイトとサーバーだけで運営できるものでは、当然コストに大きな差が生じます。オンラインカジノは運営を続けるための固定費が少ないことで、還元率が高く設定できるのです。

理由その②参加プレイヤー数が多い

また、日本のギャンブルとオンラインカジノの参加プレイヤー数も比較してみましょう。

2021年時点で競馬はオンライン登録された会員総数が506万人(※1)、民間事業であるパチンコは813万人(※2)となっていました。

対するオンラインカジノはというと、2008年時点(※3)で日本を除く世界の参加人口数がすでに1,587万人となっています。この状況からさらに市場は拡大し、現在は世界で4,000万人以上、日本からの参加者だけでも100万人を超えているといわれています。

この参加プレイヤー数の違いからも、流入する資金量が圧倒的な金額になることがわかるのではないでしょうか。膨大な数の参加プレイヤーがいることで、オンラインカジノは高い還元率でもしっかりと運営できるのです。

【※参考資料】
(※1)競馬:2021年5月29日付朝日新聞:
(※2)パチンコ: プレスリリースPP調査2021(参加人口と遊技者の動向)
(※3)オンラインカジノ:東京都平成26年度IR調査報告4-5

オンラインカジノ内のギャンブル別の還元率比較ランキング

ここではオンラインカジノ内のギャンブルごとの還元率も比較して、わかりやすくランキングにしてみました。

    ギャンブルごとの還元率ランキング

  • ブラックジャック99.4%
  • バカラ98.8%
  • ポーカー97.8%
  • ルーレット94.7〜97.3%
  • ビデオスロット94〜99%

オンラインカジノでプレイできる代表的なカジノゲームは、平均で95%程度の高い還元率を持っています。

カジノゲーム初心者でも楽しめるルーレットは、ホイールの「0」の数によって種類があるため還元率にも幅があります。

また、ブラックジャックはすでに還元率が99%を超えていますが、攻略法を用いることで理論的には100%を超えることも可能です。

還元率が100%を超えるカジノゲーム「ブラックジャック」

理論的に「還元率が102%にまで上げられる」として有名なカジノゲームがブラックジャックです。

ベーシックストラテジーという理論をもとにプレイすることで、確率収束したときの期待値は最大で100%を超えると言われています。

ギャンブルにおいて必ず賭け金以上になる期待値が示されるのは、世界で唯一ブラックジャックくらいでしょう。

オンラインカジノの還元率は「RTP率」として表示されている

オンラインカジノの還元率を示す「RTP率」とは、Return To Prayer(リターントゥプレイヤー)を略したものです。

直訳するとプレイヤーに差し戻される割合、つまりは還元率やペイアウト率と同じ意味になります。

オンラインカジノでゲームごとの還元率を知りたいときは、RTP率をチェックしてみてください。

還元率が高いギャンブルだけど安全性に問題はないのか?

オンラインカジノは還元率が高く、プレイヤーが勝ちやすい環境のギャンブルですが、その分「安全面」での不安もあるかもしれません。

現地にいけない海外にあるサイトということで、せっかく稼いだ配当や預けた資金が引き出せなくなる心配もあるでしょう。

この安全面への不安について結論から申しますと、オンラインカジノは安心してプレイできるギャンブルです。

なぜそう言えるのかというと、オンラインカジノは「政府の認定ライセンス」の元で運営されているからです。

オンラインカジノの安全の証「政府認定ライセンス」とは?

カジノ(ギャンブル)合法国で認可されたオンラインカジノは、政府認定の「ライセンス」を取得しています。

これは発行国やその国の政府機関が運営企業の内部監査を行い、健全に経営できることを認めた証です。

たとえカジノ合法国内であっても、オンラインカジノは誰にでも始められるものではありません。

主にギャンブル先進国であるヨーロッパが中心にはなりますが、ライセンスにも発行国によりいくつかの種類があります。

    代表的な運営ライセンス

  • イギリス
  • ジブラルタル
  • マルタ共和国
  • キュラソー
  • マン島
  • カナワケ(カナダ)
  • PAGGOR(フィリピン)など

万が一にもカジノ側に不正などがあったときにも、運営ライセンスの発行元である政府機関が問題解決に向け対応してくれます。

ライセンス表示のない「違法サイト」に注意!

サイト上のどこにもライセンスの表示がないオンラインカジノは、所在地がギャンブル合法国内であっても利用しないでください。

政府公認のライセンスの取得をしていないということは、その国で法的に認められていない闇サイトということになります。運営の状況も不明瞭なため、預けた資金が失われるだけでなく、個人情報が不正に利用される恐れもあるのです。

政府公認ライセンスを表示しているサイトだけが、安心してプレイできるオンラインカジノだと覚えておいてください。

還元率の高いギャンブルだからこそデメリットもある

オンラインカジノは、スマホからもプレイできることで場所を選ばないギャンブルとして人気です。しかし、だからこそ注意しておきたいデメリットとして「やりすぎてしまう」ということがあります。

還元率の高いギャンブルだからこそ、1回の配当が大きくなる期待感もあるため無理なベットを繰り返してしまう恐れもあるのです。24時間365日プレイできることは、時間を忘れて制限のないプレイにもつながります。

計画的なプレイを心がけることがもっとも重要なのですが、オンラインカジノはその点もしっかり考慮したシステムを備えています。

そのひとつのモデルとして、日本でもっとも人気のあるオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」のplay wiseをご紹介しておきましょう。(*PlayWise)

ベラジョンカジノの自己規制プログラム「play wise(プレイワイズ)」

ベラジョンカジノでは、サイト上からのカンタンな操作でプレイ環境を制限することが可能です。

各種の制限を自分で設定しておくことで、ギャンブル依存症への防止策をとることができるようになっています。

  • 入金額の制限
  • ログイン時間の制限
  • プレイ時間の制限
  • 損失額の制限

また、必要であれば、アカウントの停止(凍結)や、サイトの退会にもすぐに応じてくれます。

オンラインカジノは還元率が高いから勝ちやすくて稼げる

日本のギャンブルと比較しても、海外オンラインカジノの還元率はとても高いものになります。

このことが示すのは、オンラインカジノは日本のあらゆるギャンブルよりも「勝ちやすい環境がある」ということです。

ただ、還元率が高いことで損失リスクが少ないとはいえ、オンラインカジノも立派なギャンブルです。配当の高さに感覚が麻痺しないよう、play wiseのようなシステムを利用してセーブするようにしなくてはいけません。

また、必ずライセンス表示のある安全なオンラインカジノを利用しましょう。

副業のメリット・デメリット

【厳選!ネット副業】気軽に始められる人気のネット副業の特徴とメリット・デメリット

【2021最新】SlottyVegas(スロッティベガス)の評判・口コミ6選

【2022最新】SlottyVegas(スロッティベガス)の評判・口コミ6選